HOME>コラム>キャットフードを切り替える時はどうすべきか!少しずつがおすすめ

キャットフードを切り替える時はどうすべきか!少しずつがおすすめ

猫

切り替えは徐々にしていくのが基本

美味しそう、健康に良さそうなキャットフードを見つけた際、早く与えてみたいと感じますが、いきなりフードを切り替えるのはNGとされています。キャットフードの種類を変更するという場合、最初から全て切り替えるのではなく徐々に変えて行く事が必要です。いきなり全量を変えてしまうと消化器官に負担がかかり、下痢や便秘を起こす危険性や吐き戻してしまうケースもあります。また、今まで食べた事のないキャットフードに戸惑ってしまい、食いつきが悪くなり体重減少にも繋がってしまうようです。このような悪い状況を起こさないためにも、新しいキャットフードへと変える時は徐々に切り替えていく事をおすすめします。そうすれば猫の体だけでなく精神的にもストレスがかかりにくく、無理なく新しいフードへと変更する事が出来るでしょう。

ネコ

上手に切り替えるなら情報集めをしよう

今まで与えた事が無い新しいキャットフードへと切り替えるという場合、どのように切り替えるのがベストなのか情報を集める事をおすすめします。猫の体に負担がかからない切り替え方法は、キャットフードが入っているパッケージなどに詳しく記載されているのでチェックしてみましょう。通常、フードの切り替えは1週間から10日間程度かけて徐々に行うのが基本と言われており、最初は従来のフード6の割合に対して、新しいフードは1加えます。2日目は今までのフード5・新しいフード2と少しずつ、切り替えたい新しいキャットフードの量を増やしていきましょう。少しずつ切り替えていけば消化器官にも負担がかからず、猫も味の変化によるストレスも感じにくいので上手に変更する事が可能です。